ネカフェ店員のマンガ紹介ブログ

旬なものからニッチなものまでマンガ喫茶で読まれてるものをお届け! 読む時間でカテゴリーを分けているのでマンガ喫茶を実際利用したときに便利かもしれません

【スポンサーリンク】

あらすじ・ネタバレ「BLUE GIANT SUPREME(ブルージャイアント シュプリーム )」2巻発売しました!

BLUE GIANT SUPREME 2 (ビッグコミックススペシャル)

「岳 ―みんなの山―」の石塚真一が描く渾身の最新作。 小学館 ビッグコミック連載「BLUE GIANT SUPREME(ブルージャイアント シュプリーム )」の最新刊が発売されましたのでご紹介を!

 

1日と2日の記事にて画像を載せ忘れていましたので再上げです。

 

大変申し訳ありませんでした。

 

ある出来事をきっかけに解散してしまった「JASS」。しかし止まるわけにはいかない宮本大は、単身ヨーロッパのドイツ・ミュンヘンへ降り立つ。

 

伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、テナーサックスと強い志があるだけだ。「世界一のジャズプレーヤーになる!」練習できる場を探すところから始まる挑戦。大の音は、欧州でも響くのか・・・というのが前巻のあらすじです。

 

前巻である1巻の画像つきあらすじが、こちらから読めますのでよければどうぞ。

 

www.mannga-mankitu.com

 

ドイツ・ミュンヘンで小さなソロライブを2度開いた宮本大。逃げ場もない状況でたった独り演奏しきった大は手ごたえを得ます。

 

そして大は組むメンバーを探すためにいろんなバンドを見回っていたとき、ベーシストの女性を発見します。

 

f:id:guxutaranow:20170704085004j:plain

 

ライブの終了後、ベーシストの女性・ハンナ・ペータースに一緒に演奏をしたいと声をかける大。

 

しかし日本で有名でもなく、演奏音源もない大の提案はけんもほろろに断られてしまいます。

 

組むことを諦めることができない大は、なんとかハンナから今組んでいるツアーが終わればハンブルグに帰ることを聞き出し、ミュンヘンから離れ本拠地をハンブルグに移すことを決意します。

 

お世話になった下宿先のクリスやその友達と別れ、ハンブルグについた大はさっそく楽器店やジャズバーでハンナについて聞きまわりますが、一番古い楽器店で聞き込みをしても情報を手に入れることができません。

 

それでも諦めることなくいろんな店や演奏者に聞き込みを続け、その傍ら飛び入りセッションをやってる店で演奏もし始めます。

 

f:id:guxutaranow:20170704085016j:plain

 

セッションをすることでミュンヘンで培った実力を再確認した大は、音に音を乗せたいという気持ちが強まりよりいっそうハンナを探します。

 

そしてついにその声は届き、ハンナはハンブルグに戻ってきます。

 

大がセッションで演奏しているところを聞いたハンナは、いくつか腹立たしいことを覚えます。

 

1つは、大が若いアジア人というだけで、彼の力を見くびっていた自分に。

 

2つめは、彼が彼の音について説明しなかったこと。

 

3つめは、この彼がまったくの無名ということ。

 

f:id:guxutaranow:20170704085126j:plain

 

4つめは、彼と一緒に演奏することに、少し怖気づいている自分に対して。

 

と、ついにハンナと再会することができた大。

 

組むことになるふたりは、今後どのような活躍をするのか非常に楽しみです。

 

というところでまた明日の記事でお会いしましょう。