ネカフェ店員のマンガ紹介ブログ

旬なものからニッチなものまでマンガ喫茶で読まれてるものをお届け! 読む時間でカテゴリーを分けているのでマンガ喫茶を実際利用したときに便利かもしれません

【スポンサーリンク】

あらすじ・ネタバレ「火ノ丸相撲」14巻発売しました!

火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

週刊少年ジャンプで連載中の、題材としては珍しい相撲をする高校生たちを描いたマンガ「火ノ丸相撲」の最新刊が発売されましたのでご紹介を!

 

インターハイ準決勝で白楼高校と戦うダチ高は、先方の小関と二陣の蛍が敗れてしまい、早くも追い詰めれられてしまう。

 

しかし、中堅の千比路が完勝することができ、チームの士気が一気に高まる。そして副将戦のユーマの試合が始まる・・・!というのが前巻のあらすじでした。

 

 国宝級の力を持ちながらも、モンゴル人であるが故に「国宝」とは決して呼ばれぬ無銘の強者・バドとユーマの一戦の幕開けです。

 

序盤はユーマが突きの手数で押すも、体の芯をとらえてる突きの質の差で押され始めてしまいます。

 

しかしユーマは、いざという試合のときのために隠してきた奥の手、突きと見せかけてからの組み技の合わせ技に派生します。

 

決着はつかなかったものの、不意をついて体勢を崩すことができ、渾身の力でユーマは突きを繰り出し続けます。

 

f:id:guxutaranow:20170602141644j:plain

 

国宝級に金星をあげ、団体戦を2-2として、ついに大将戦へともつれこみました。

 

天王寺と鬼丸との一戦は、お互いに手の内を知り尽くしたもの同士、次の手を読んでは読まれを繰り返しながら、互いの勝ち筋を潰していくという壮絶なものでした。

 

しかし経験の差から、鬼丸は手札が尽きて押し込まれてしまいます。

 

f:id:guxutaranow:20170602141654j:plain

 

天王寺に勝つため、天王寺の想像を越えなければいけない鬼丸。

 

そんな鬼丸が選択した戦法は「引く」ことでした。

 

どんな相手にも引くことなく前進していた鬼丸でしたが、より強い一歩を踏み出すためには、引いて溜めることが必要だと、チームメイトとの練習や敗北の経験から気づきました。

 

 

f:id:guxutaranow:20170602141703j:plain

 

国宝・天王寺を破り、高校最強の白楼高校に勝利することができました。

 

そしてついに次巻からインターハイ団体戦の決勝が始まります!

 

というところでまた次の記事でお会いしましょう!

 

こちらのツイッターでも更新報告をしていますので、よければフォローお願いします

 

漫喫店員アノフェ (@hidaka0911) | Twitter