ネカフェ店員のマンガ紹介ブログ

旬なものからニッチなものまでマンガ喫茶で読まれてるものをお届け! 読む時間でカテゴリーを分けているのでマンガ喫茶を実際利用したときに便利かもしれません

あらすじ・ネタバレ「狼と香辛料」15巻発売しました!

狼と香辛料(15) (電撃コミックス)

太陽と金貨編も佳境に入り、完結に近づいてきている「狼と香辛料」のコミカライズ版の最新刊が発売されましたのでご紹介を!

 

主人公・ロレンスは賢狼・ホロとともに、レスコという町で店を持つことを決めます。しかしその矢先、ロレンスたちはデバウ商会の内部分裂による事件に巻き込まれてしまいます。

 

ホロは、禁書を得るためキッシェンへ。ロレンスは、デバウ商会に追われミューリ傭兵団とともに雪山を越えることに。バラバラになってしまった二人の運命は?というのが前巻のあらすじでした。

 

北の地スヴェルネルに逃げるミューリ傭兵団を追いかける、デバウ商会に雇われたフーゴ傭兵団。

 

傭兵団は共に知己の関係で、互いに都合のいい展開にすべく、戦いをしているフリをしつつ、スヴェルネルに逃げてきます。

 

そして、フーゴ傭兵団に付いているデバウ商会の目付け役を信頼させるため、互いに捕虜が出るほどの派手な戦の芝居をすることになりました。

 

ミューリ傭兵団は捕虜交換の隙をついて目付け役を捕らえ、人質にしてスヴェルネルまで逃げおおせる。

 

フーゴ傭兵団は目付け役の失態で捕らえることができなかったと言い訳できる。という筋書きのようです。

 

いざ、戦いの芝居が始まる!というとき

 

f:id:guxutaranow:20170528045220j:plain

 

禁書をとりにいっていたホロが追いつき、ようやく合流できました。

 

ホロは山の中に隠してきた禁書を取りに行くため、ロレンスをつれて2人で山奥へと向かいます。

 

f:id:guxutaranow:20170528045229j:plain

 

誰の目も届かない場所に着くなり、ホロが再開の喜びを体で表現します。

 

人の目があるとこでは絶対しないけど、2人きりだと甘えたりするホロはとても可愛らしいと思います。

 

戦いは筋書き通りに終わり、夜半に捕虜の交換のため、ミュール傭兵団とフーゴ傭兵団が顔を合わせます。

 

f:id:guxutaranow:20170528045237j:plain

 

しかし、突然のフーゴ傭兵団の裏切りに合い窮地に陥ってしまいます。

 

この場から逃れるため、ロレンスはホロの名前を叫ぶ・・・!という内容になっています。

 

次巻で終わりそうな巻末コメントがあったのですが、この状況からどのような展開になっていくのか楽しみで仕方ありません。

 

そして個人的には、太陽と金貨編のあとのエピローグまでコミカライズしていただけたらと思っていますが・・・。

 

というところでまた次の記事でお会いしましょう!

 

こちらのツイッターでも更新報告をしていますので、よければフォローお願いします

 

漫喫店員アノフェ (@hidaka0911) | Twitter