ネカフェ店員のマンガ紹介ブログ

旬なものからニッチなものまでマンガ喫茶で読まれてるものをお届け! 読む時間でカテゴリーを分けているのでマンガ喫茶を実際利用したときに便利かもしれません

【スポンサーリンク】

あらすじ・ネタバレ「グラゼニ-東京ドーム編-」10巻発売しました!

グラゼニ?東京ドーム編?(11) (モーニングコミックス)

来年2018年にアニメ放送が決定している人気作品「グラゼニー東京ドーム編ー」の最新刊が発売されましたのでご紹介を!

 

ピッチャーライナーを頭部に受け、ケガの心配をされた主人公・凡田 夏之介。幸いにも軽い脳震盪で済んだ様子。そして、グラゼニのメインの内容でもある契約更改も迎え、波乱が多かった前巻でしたが、今巻からいよいよ新シーズンの幕開けです。

 

昨シーズン5位と低迷したモップスの新監督に、高橋ノブヨシ監督が就任。

 

コーチ陣も一新される中、夏之介の起用法が大問題になります。

 

昨シーズン10勝0敗の夏之介を、「先発」投手としてローテーション入りを画策する、段ピッチングコーチ。

 

ただ、昨シーズンでの夏之介の起用方法が5イニングまでしかなかったことを考え、ローテーション入り=6イニング以上投げることになると、むしろ負けが多くなる可能性が高いと、段コーチの案を退けたノブヨシ新監督。

 

しかし、メジャーで活躍したリューチェルをリリーフ投手として獲得できたことによって話は変わっていきます。

 

先発・夏之介、リリーフ・リューチェルという案が出てきたので、まずはキャンプの紅白戦で様子を見るため、夏之介に6イニングを投げさせます。

 

f:id:guxutaranow:20170523142126j:plain

 

夏之介は6イニング無失点、しかも投球数60と打たせて取る最高のピッチングを見せます。

 

その後細かい調整のため、様々な起用方法で夏之介を出すも毎回無失点で、チームで一番の成績に。

 

そんな夏之介に、陣営からリリーフ投手ではなく、先発投手として今シーズン使いたいという正式な要請がでるのですが・・・

 

f:id:guxutaranow:20170523142133j:plain

 

その場では返答を先延ばしにし、代理人であるダーティーに本音を語る夏之介。

 

先発としてではなく慣れたリリーフにもどれば、あと5年は好調なまま投げることができ、「1億前後のプレーヤー」として長期間活躍できる予感があるそうです。

 

その後なんとか40歳まで現役に残り、引退してからの収入激減に備えたいという、実にグラゼニっぽい、選手のお金の話ですね。

 

しかし、ダーティーは夏之介にモップスで使ってもらえるのは、あと2シーズンしかない!と断言します。

 

f:id:guxutaranow:20170523142140j:plain

 

今シーズン先発で出来る限りの結果を残してFA移籍する・・・!それが一番向こう5年で最も年俸が高いプランと断言するダーティ。

 

その言葉を受けて夏之介は、先発、リリーフどっちを選択するのでしょうか!

 

というところでまた次の記事でお会いしましょう!

 

こちらのツイッターでも更新報告をしていますので、よければフォローお願いします

 

漫喫店員アノフェ (@hidaka0911) | Twitter